2017年02月21日

S660シートレールステーで前からおもっていた・・・

 どうも皆さん、、

シートレールステーには取り付け説明書が付いていますが、それに書いてない取り付け時(これをしたら良い)ある事をこに〜

CIMG3516.JPG
「軍手」

厚みがあり、柔らかく誰でも?持っているこの軍手。

取り付け作業の途中これを前後のネジ位置に傷防止に置いておく。

シートの取り付けに何度か位置合わせに仮置きしますので、その都度フロアに傷をつけてしまっては元も子もない。
こんな事まで説明書に書くと「なんておせっかいな・・・」
と思われる?かと、、

今日はこんなトコで。。



ではでは、、



【シートレールステーの最新記事】
posted by アデ零℃ at 20:50| Comment(0) | シートレールステー

2017年02月10日

ドアスタビライザー装着インプレッション

 まさかトヨタの部品をホンダ車につけるとは・・・。

どうも皆さん、昨年TRDより発売された製品「ドアスタビライザー」なるものをエスロクのお客様が「付けたい!」と、、

メーカー違うしS2000のパーツならまだ何とかなるかと思いますが・・・?

{付くかどうかやってみますね、、}

という事で

ダメ元でという事でネットで購入され直送でうちに送って頂きました。


その部品単品の画像は取り忘れてので、早速加工し取り付けた画像がこちら。

CIMG3498.JPG
〈以外と簡単につきました。〉

ドアとボディーを樹脂パーツ同志の摩擦で繋ぐという仕組みだそうですが最初疑問に思ったのが、ドアの開け閉めが渋くならない??
アレ?どうい事?

現物見て分かりました、ボディー側の接触面がスライドするんですね。
だから開閉の抵抗にはならない。
なるほど。

削る事数十分、何とか装着完了!。

「一応理論的には同様の部品が画像中一緒に写ってますねゴム板」



さてインプレッション。

ふわぁっと違います。

最初スタビライザーの名称から硬くとイメージしましたが柔らかくなった感じ。(⇦この表現は誤解を招く)

前後のサスペイションの付け根(アッパーマウント)が繋がった感じ。


釣竿のしなる感じ?


フロントの動きが後ろに伝わてる感じ?

もうこれは感じとしか言いようがありません。

峠道のワーストコーナーで今までよりスムーズに曲がると感じました。(これも感じ)

(峠を攻めに行ったのではなく、アデレイドの近所は普通に生活道が峠道です。)

なんて言うんでしょうね、前後が繋がる感じが逆に柔らかくなる?「感じ」


 ビート事経験者さんでしたらこの文章で分かってもらえると思います。
足回り硬くして、ストラットバー入れてガチガチのビートの人が数年振りにノーマルのビートに乗って「あー楽しいな〜やっぱりノーマル良く出来てるな〜」というよく聞く話。


がしかし!?

この新しい乗り易さ20分も乗っていると・・・

慣れてしまいます。

結論は・・・

これうちの車に付けて、お客様用は新たに購入させて頂きます。


個人的にハンドリングマシーンのS660はパワーよりもこういう所で楽しむのが良いと思います。

最後に、最初からついているゴム板(画像中央)これのお陰でTRDのロゴマークが見えないというのも良いです。


以上あくまでも私の感じという事で。

 やってみたい!という方ネット購入送り先右矢印1アデレイドで加工してお送りします。
ネジを外すのに専用工具(ローブレンチ2種類)が必要になりますが、これもご用意します。
過去にシートレールステー購入者様はローブレンチ1種類でOK!


ではでは、






posted by アデ零℃ at 19:15| Comment(0) | s660

2017年01月28日

今日は、-RA-


 どうも、どうもです。

今日は遙々遠方よりお客様が来られました〜

あれ、

アレレ。

よく見ると

CIMG3450.JPG
RAじゃないですか!

初めて見ました。

ドライカーボングリルが誇らしげだ。

室内が違う、無限がちりばめられている・・・

ステアリングとかレーシーです。


後ろも。
CIMG3452.JPG



オーナーさんのベストアイデアではないでしょうか!?
CIMG3451.JPG
この無限ストライプ。
最初からこうだと思ってしまいます。
上手いですね、このスペースにこの小技。


車体番号を見せてもらいましたが、やはり普通のエスとは違う番号なんですね。

なるほど・・・。


良い物を見せてもらいました、有難う御座いました。


ではでは、、













posted by アデ零℃ at 15:55| Comment(2) | 日記

2017年01月23日

ソーラー充電器

 どうも皆さんお久ぶりです。

さてさて寒くなると弱まるのでバッテリーであまり乗らない車はヤバイ時期・・・?

という事で何十年ぶりに「ソーラー充電器」なるものを購入。

早速届きました、驚いたのがそのパネルの大きさ。

デカイ、今こんなサイズなんですね、、
(何か比較を置けばよかった)
CIMG3447.JPG



で、これは車内に置いて使うのではなくて屋外設置で使いたいのでチョット加工を。
DSC_0028.JPG



まず線の延長を、それから屋外での風雨に耐える為、ガラスをカバーにして箱に入っていた発泡スチロールの中に密閉。
DSC_0029.JPG

そしてこれを屋上へ、そこから伸ばした線を引いて〜車内に引き込み充電と。。
DSC_0031.JPG

これを設置した日は暖かく晴天。
発電電圧は22.6v??えっそうなの・・・。
説明書に最大出力電圧は2.5Wとありました。
まっとりあえずこれで1週間おいてみてみましょう〜
DSC_0032.JPG

その1週間後、うぅこれは弱ったバッテリーを元気にするほどにはならないですね、元気なのを保つような十電力でしょうか。

乗って元気にしてこれ使うのがいいですね。


ではでは、、












posted by アデ零℃ at 21:12| Comment(0) | 日記

2017年01月07日

カーボンボンネットの塗装

 CIMG3446.JPG
 ビートのボンネット(ワンオフ)です。
これカーボンですが塗装仕上げです。

初のカーボン繊維が光の加減で繊維目(網目)が薄っすらと見える塗装仕上げです。
チョット分かりずらいのでUPCIMG3445.JPG
なにか少し表面が揺らいでるような・・・

分かんないですね。。
でも渋いです、繊維が見えるなんて・・・。

これ、オーダーより納期が大幅に遅くなってしまったボンネットです。
「弱ワイド仕様」

来週早々に発送しますね、チョット待っててください。

ではでは、、




posted by アデ零℃ at 16:29| Comment(0) | 作業