2022年07月19日

ワイドアンダーダクト割れたかと思った。

どうも皆さん、、

3連休いかがお過ごしだったでしょうか〜?
降ったり晴れたりでしたが、月曜のコロナウイルス感染者が記録的だったようで、用心しないといけません。

さてさて先日S660を乗っていたとこ、どうしても降りないとならない坂があり、一方通行のバック無理の状態で多分これはワイドアンダーダクト余裕で擦るだろう〜と覚悟し進んだトコ。
こんな感じの坂です。
2022.07.19a.jpg
カクッと下がる感じの、、

なかなか良い音がしたので、割れてブラブラしてるだろうと諦めてそのまま帰ってきました。
破片は残っているか?と見たところ・・・
2022.07.19b.jpg
付いてる。

普通に付いてました。

何故にあんないい音がしたのか?と考えたとこ・・・
ワイドアンダーダクトの付いている所からエンジンフームまでトンネル状になっている所を音が伝わって、エンジンルームを抜けフード前にある隙間から室内に聞こえたんですね。
車の裏側でも丁度音の通り道があるので、これ絶対割れた!?というくらいに聞こえたんですね。

アデレイドのワイドアンダーダクトは材質が軟らかいので擦るくらいなら余裕のようです。

スミマセン宣伝になっちゃいました。




posted by アデ管 at 22:04| Comment(0) | ワイドアンダーダクト

2021年01月08日

地面とのクリアランスは・・・?

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
2021.01.08.jpg
さてさて、地面とのクリアランスが気になりました。
ワイドアンダーダクトを付けると・・・
こんな感じです。

車高−25oでティッシュ箱65oそのクリアランス11oでした。

という事は地面からのクリアランスは76o、14o不足している事になりますが・・・
車検では90o必要な訳ですが、車高-25oという時点でヘッドライトの高さがNGになり、合格させるにはノーマル車高に戻さなければなりません。

ワイドアンダーダクトを付けて車検は?
との質問がありましたが、その前にヘッドライドを規定に合わせる事により地面からのクリアランスも確保されれているという事です。

ではでは、
posted by アデ管 at 22:44| Comment(0) | ワイドアンダーダクト

2020年12月18日

ワイドアンダーダクト →風量吸入量計測への道

2020.15.18.jpg
ご覧の皆さん、どうもでです。

何にしても取り付けが大変、この限られたスペースに思った以上に上手く取り付ける事が出来ました。
固定はエアコンの配管大小のパイプをくわえる要領で製作した取り付け部品で差し込み固定。
これで実走しダクトの性能・効果を明らかにします。

すでにこのブログを書いている時点で実際の計測は済んでいまして、その結果沢山の数値をまとめ終わっています。
よくエアロパーツ⇒リアウイングの効果などが120qからその効果を体感出来ると聞きますが、それと同様の結果がダクトにも表れていました。
目に見えない空気の流れに改めて面白さを感じました。

この続きは次回〜。


posted by アデ管 at 22:16| Comment(0) | ワイドアンダーダクト

2020年12月15日

新製品”ワイドアンダーダクト”

2020.12.15.jpg
久しぶりです、、

近々発売予定の”ワイドアンダーダクト”(少しパクリっぽい名称)
これの効果を調べるべく購入した風量測定器やっと出番が来ました。
これを車体裏側のあのスチール部分の風道「ウインドウトンネル」真さにトンネルに取り付け実走しけいそくするという実験を行います。
そのために測定器を分解改造し、あの狭いスペースに風車が入るよういたしました。
本当でしたら今年の夏に”物”は出来ていまして販売する予定でしたが、初めての試みの新たな製作方法で不具合多発、改良に次ぐ改良ですっかり真冬になてしまいました。
この時期に新作アイスを発売するような物です。
普通でしたら材質をF.R.Pで製作する所ですが、ご存じでしょうか?全てハンドメイドのF.R.P手間がかかります=値段。
どうしてもこくらいの製品でも一万円以上になってしまいます。
これを簡単に成型出来る方法を応用し約半額、予価¥5.680を予定しています。

後日その効果の結果もUPしたいと思います。

御興味のある方チェックして下さい。

posted by アデ管 at 22:01| Comment(0) | ワイドアンダーダクト