2015年11月02日

メタル

 どうも皆さん〜

急ぎの仕事以外は量産準備、いわゆる段取りをやってます。

F.R.P製品は硬化と乾燥のオープンタイムがあります。

あと塗装後の乾燥とか・・・

次の作業に移る前の空いた時間があるので、その時は連続作業が多いマフラー作りが丁度いいんです。

先日はパンチングパイプを一日中丸めてました・・・。

トランス状態になり目をつぶっていても出来る?ような感じになります。
             ↑
           ウソです。

CIMG2567.JPG

力加減的な作業なので同じ事を繰り返している方が良いんです。。


ではでは、、


posted by アデ管 at 20:58| Comment(0) | 管能サウンドマフラー

2015年08月04日

マフラー・音量の話・・・

 今回動画で音量を公開しましたが・・・

皆さん殆どが何かしらの改造をされていると思います。

エキマニ・スポーツ触媒 

もちろん何かしら交換すると音量が大きくなります。

エキマニで+3db

メタルキャタも+3db

ですから2つ合わせると100+3+3=106dbで音量オーバーになると思われます。

エキマニ分だけは余裕がある?と言う感じです。

ではこれをあらかじめ96~97dbにするとしたら・・・

3db落とすといのはとても大変な事です。

大変なのは作業ではなく、その排ガスの減圧量。

消音=抵抗。

排気管内にかなり抵抗を入れる必要があります。

逆に言えばエキマニやら触媒を交換されてその逆を体感されている訳ですからお分かりになるかと思います。

という事でお勧めは+エキマニ交換くらいかな?と思います。



以前(話はもちろんビートです)触媒後ろのパイプを太いのに交換されている方がいらっしゃいました。

あれ、絞ってるんですよね。

だから交換し太くしたいのが分かりますが・・・

音的には最悪です。

ノイズがもろに出てきてしまいます。

うちにこ来られてマフラーを装着し視聴されましたが、エンジンをかけた瞬間(これはダメだ)と思いました。

「聞いてられない」と

でも、お客様の車が悪いと言ってしまうようなのでなにも言いませんでしたが、、

そのお客様は購入しませんでした。


それに今まで一度も「うちのマフラーどうですか?」と勧めた事もありませんが、、


人それぞれ好みという事で。



ではでは、、




posted by アデ管 at 18:56| Comment(0) | 管能サウンドマフラー

2015年08月02日

管能サウンドマフラー2015

 いや〜毎日暑いですね〜

暑いのは好きじゃないけど苦手ではないアデです。

直射日光でなければ汗をかいていても「まぁ〜いいかな夏だし・・・」くらいで過ごせます。

さてさてHPにて管能サウンドマフラー2015モデルの詳細を更新しました。

今回初の動画付き。

これ編集して見て気がつきました・・・

白煙がひどい事になっている。

これは何か手を施さないといけない。


今年のモデルがこちら
http://www.adereide.net/
CIMG2439.JPG
外見は変わってないです、、

発売は開始はまだもう少し(何日か)

少々お待ちを、、

(適当に撮った画像)
*マフラーを作る腕よりも写真を撮る構図が上手くなったような気がします。
パイプの曲がり具合とか良く分かる(汗)

ではでは、、





posted by アデ管 at 20:24| Comment(0) | 管能サウンドマフラー

2015年06月13日

管能サウンドマフラー

0613.JPG

どうも皆さん、一週間振りのブログです。

気が付くと・・・
いつも夏が近づく頃にやり始めるがマフラー。

溶接作業は長袖でやるし、熱い。

溶接って何度なっても難しいからある意味面白いんですね、


やってますよ〜

やってますからね〜


こんな訳で

ではでは、、




posted by アデ管 at 21:05| Comment(0) | 管能サウンドマフラー