2022年04月12日

ビートの再始動に向け〜3

どうも皆さん〜
この30年分のサビサビ、、気になってしょうがない。
錆びてるというより錆びが浮き出ている、胞子が増殖したようなこの漫勉ない感じ、とても我慢できません。

という事でワイヤーブラシ大・中・小を駆使し、錆を落としそ表面を黒色酸化被膜にし再発を防ぐ処理をしました。
2022.04.01.jpg

これが実施前と済のリアナックルL/R
2022.04.01b.jpg

この満足の黒光り。
2022.04.01c.jpg

こちらフロント
2022.04.01d.jpg

時間を掛けただけの事はある、フロント&リア出来上がり。
2022.04.01e.jpg

今回使用したのが「ご存じ武蔵野ホルツの商品名サビチェンジャー」
これ一本でかなりの面積がチェンジ出来ます。
2022.04.01f.jpg

こんなとこ他人に見られるのは車検の時の検査官だけですね、、

ではでは。


posted by アデ管 at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: