2022年07月21日

マスターモデルは大きく作らないとダメの2回目

どうも皆さん、、

前日の純正のボンネトフードを元にしてF.R.P製品を製作するの続きです。
注意点といってしまうと、広く注意喚起をしているようになってしまので
うちが気を付けている事。
こう書けば当たり障りない。
それは縁にパテを盛って外周を大きくする、です。
「前日のブログ画像参照」
F.R.Pの成型に使うポリエステル樹脂、これが縮むからです。
どの位?・・・1mで最大0.8oくらいでしょうか?
製品になるまで2回縮む訳です、型で一度縮みますから。
という事は最大×2=1.6o位(当社比較)
縮み具合も時期によって異なります。
夏・冬気温差です。
あと硬化のさせ方とか、、

その昔ドリ車S13シルビアとかのエアロボンネットとフェンダーとの隙間が目立つ車が多かった。。
FR車のボンネットは縦に長いので余計に目立つ。
縮むと言っても、均一に小さくなる訳ではなく、下記図のような感じで中央に集まる気がします。

2022.07.21.jpg

ビートとかでボンネット・バンパー・フェンダーと交換すると全部マチマチで少しギクシャクしたような何とも言えない車が多かったのを思い出します。

考えてみると、このブログ他社さんがみてるとは思えないのでもう一つ書いちゃうとボンネットフードの凹凸も弱くなって(平っぽくなる)ので純正の鉄とエアロボンネットの車を並べて見ると、なんとなくエアロボンネットの表面に”張り”が無くなっているのような感じがします。
殆どの製品にアウトレットダクトが付いていて、それに注意が集まるので気にならないと思いますが。

といってもうちではS660のフードは出していないでウンチクだけ言っている・・・。

こんな感じです。

偉そうなこと言ってしまいました。






posted by アデ管 at 18:39| Comment(0) | 作業