2022年06月22日

S660 リアバンパーガーニッシュ

S660リアバンパーガーニッシュの2カラー仕様の方は当初新製品として出来てから、ちょうどディフューザーをイメージした所が12oのマスキングテープが貼れる幅だという事でこの部分だけボディー色に塗ってみようと思た事から始まりました。

今回カーニバルイエロー2でご注文頂きましたので、その工程を〜
2022.06.22a.jpg

最初にイエロー部分だけ塗って、乾いたらマスキングテープを貼る。
(ちょうどこのテープの色とカーニバルイエロー2が同色なので分かりずらい・・・)

そして黒を塗る。
2022.06.22b.jpg

マスキングテープを剥がしクリーアを塗装。
2022.06.22c.jpg

こんな感じです。

このガーニッシュの黒にボディーカラーがラインでワンポイント(差し色?)的に入っていた方が、後ろか
ら見ると腰高に見えるS660がローワイド?に見える”ような気がします”。

お勧めです。


ではでは、、




posted by アデ管 at 19:33| Comment(0) | s660

2022年06月17日

エスロクのドア内張り切って・・・の続き

前回5月20日 S660ネタの続きです。

S660の運転席快適化みたいな感じですが、前回が右肘で今回は左肘側はこんなのやってます。
2022.06.17.jpg
センターコンソールの運転席側を切り抜いてそこに肘が除ける深さの付いたカバータイプの(マスターモデル)になります。
肘パットなる物がありますが、ここ高くなると窮屈になるのではと、自分的には低い方が良いかと思って製作しました。


そして次がドアのスピーカー部分のカバー 一般的な名称はニーパッドでしょうか?
厚みを付けた膝当てを兼ね、スピーカーの凸下半分をカットし凹に、乗り込む時の靴のつま先のスペースが取れるよう、(駐車場でドア全開に出来ない所での乗り降りほんの少しでも楽になる・・・)

2022.06.17b.jpg
この単体画像見てもなにがなんだかという感じです。

これを仮付するとこんな感じ
2022.06.17c.jpg
下半分がスピーカー本体の面と同じ凹になりそして上が凸して、二パッド部分が運転時の左右の膝の開きが均等になりコナーで踏ん張れる。
更にスピーカーからの音が聞こえるようにメッシュにするというこれも=マスターモデルです。

次もさほど面白いネタでもないんですが、次の真っ黒なのが前回5月20日のドアの内張り切った所に入るポケットのマスターモデル。
2022.06.17d.jpg

付いた感じがこちら。
2022.06.17e.jpg
この大きさのポケットがここに入るという考えです。

組み合させるとこんな感じ
2022.06.17f.jpg


どれもこの状態ではピンと来ないと思いますが、乗り降りとハンドル切った時の肘のスペースと、ほんの少しの小物入れという感じのものやってます。



ではでは、、



posted by アデ管 at 21:09| Comment(0) | s660

2022年06月14日

ビートの再始動に向け〜13

やっと出来ました、色の組み合わせ(配色)が少し微妙な気もしますがもうこれでいいという感じ。
納得するしかない。
因みに⇒S660のアドミラルグレーとナイトホークブラック

純正のたこ焼きホイールの印象と全然違う感じになってしまったのが少し残念です。
「色のが違うから当然ですが、、」

しかし最初手に入った時の”ボロ”の状態からは全然マシ。
(ボロの状態は5月9日見てない方は見てやって下さい。)

2022.0614b.jpg

当初リムがガリガリ・ギトギトだった所の補修に使ったのがこのアルミ用パテ。
(これ1つで足りました。)

2022.0614a.jpg
とても付易く、削り易いという優れ物。


それとアルミ用の下地塗料。
吹き付けてる感が少ないのが難点ではありましたが、その後の塗料は良く付きました。
2022.0614c.jpg
(1缶で外と内塗れました。)

それから塗装ようの塗装台?(名称は何とも言えません)
2022.0614d.jpg
まず回転する事。ベアリングを入れたので結構回り続けます〜。
それとPCD100に合わせボルトナットを立てて塗った表面をすぐ返せるように、こうすると一度に両面塗れます。
そして吹いた塗料の付かなかった分が抜けるよう(吹き返しが無いように)できるだけ下を隙間を多くする様に・・・塗装ではこれ大事。
突貫工事で作りました。


こんな感じです。





posted by アデ管 at 18:44| Comment(0) | ビートのリフレッシュ

2022年06月13日

ビートの再始動に向け〜12

2022.0613a.jpg

マスキングですが、1本目のホール部分やったとこで飽きました・・・
これ×4ですか、、

2022.0613c.jpg

色は今持ている塗料で合いそうな色で塗ってみる予定です。

もうすぐです、終わりが見えてきました。


posted by アデ管 at 22:01| Comment(0) | ビートのリフレッシュ

2022年06月08日

ビートの再始動に向け〜11

どうも皆さん

2022.0608.jpg

2色で塗り分ける予定です。
仕上がってみてイメージ通りか?また車に合うかが問題です。


posted by アデ管 at 20:56| Comment(0) | ビートのリフレッシュ